遺族年金について

遺族年金の知識
必要保障額の計算に欠かせないものが遺族年金の知識です。遺族年金は3種類あります。
遺族年金の種類
  • 遺族基礎年金
  • 遺族厚生年金
  • 遺族共済年金
亡くなった方の職業(加入年金制度)によって、どの遺族年金を受け取れるかが決まります。
また、遺族年金をもらえる遺族の範囲も年金の種類によって異なります。
下表を参考に、詳細な受給額は各専門家、各機関でお調べください。
    ※子どもは18歳到達年度の末日までの子どもの他に、20歳未満で1級・2級の障害状態にある子どもを含む
    ※「死亡当日、生計を維持されていた」と認められるためには、遺族の年収が850万円未満であることが必要
    ※年金額は平成26年度のもの
    ※生命保険文化センターホームページ「遺族年金の受給と年金額のめやす H26年度年金額」を参考

ゲストさん

  • 会員の方はこちら
    ログイン
  • 初めての方はこちら
    新規会員登録
ヘルプ
サイトマップ
保険お問い合わせ

Tremii(トレミー)ページ上部へ

× PR