必要保障額の移り変わり

必要保障額で保険の見直し
ライフイベントごとに保険の見直しチャンスがあります。
結婚、お子さま誕生、マイホーム購入、転職、職務変更、職責変更、配偶者就職、臨時収入、定年退職…
必要保障額の計算には、その方の考え方が大きく反映するので「正解」はありません。
一般的な考え方を示していきますので、見直しを検討する前にご参照ください。
下図は配偶者が会社員の場合の、必要保障額の移り変わりです。

【配偶者が会社員の必要保障額の移り変わり】
配偶者が会社員の必要保障額の移り変わり ※注1 共働きの場合、必要保障額をアップさせる必要がないケースもあります。
※注2 団体信用生命保険とは、住宅ローンを組んだ人が加入する任意の保険。
     保険料は自分で負担する場合、住宅ローンの金利に入っている場合など金融機関によって違いがあります。この保険に加入した人が
     死亡・高度障害等の場合は、住宅ローンの残債が無くなります。この保険に加入せずに住宅ローンを組んでいる場合、
     万が一の時にはローンの残債が残された家族にかかってくるので、必要保障額は全く変わってくることになります。

必要保障額で保険の見直し
必要保障額の移り変わりには下図のような保険を組み合わせることが出来ます。

【必要保障額の移り変わり・保険組み合わせ】
必要保障額の移り変わり・保険組み合わせ 必要保障額の移り変わり・保険組み合わせ


ゲストさん

  • 会員の方はこちら
    ログイン
  • 初めての方はこちら
    新規会員登録
ヘルプ
サイトマップ
保険お問い合わせ

Tremii(トレミー)ページ上部へ

× PR