生命保険加入の必要性

保険の必要性
生命保険は、万が一(死亡・高度障害等)のことがあったときに、残されたご家族の生活を支える目的として加入をするのが
一般的です。従って、もし残されたご家族が全く生活に困らないようであれば、無理をして保険に加入する必要は
無いのかもしれません。 但し、ご自分のお葬式費用・入院してしまった時の費用等、いざという時に周りの方へ
迷惑をかけたくない、ということであれば加入を検討した方が良いでしょう。
『貯金は三角 保険は四角』という言葉をご存知でしょうか?下記例より、貯金と保険の違いをご案内します。
貯金と生命保険の違い
  • 貯金の場合
  • 1,000万円というお金を貯めようとした場合、毎月約8万円を積み立てていっても
    10年かかります(利率1%)。
  • 1カ月貯めただけで亡くなってしまえば、遺族に残されるお金は約8万円(1カ月の貯金分のみ)。

  • 生命保険の場合
  • 毎月約5万円の保険料を10年支払うと一生涯1,000万円の死亡保障を得られます
    (30歳男性/40歳払込終身保険 死亡保険金額1,000万円の場合)。
  • 1カ月保険料を支払っただけで亡くなってしまっても、遺族には1,000万円が残されます。

生命保険は「相互扶助」の精神に基づき、多くの人がお金を出し合っています。
志半ばで他界した方のご遺族に対して『どうぞ、みんなで出し合ったお金を使ってください』という考え方であり、
医療保険等も全く同じ考え方です。
これから初めて生命保険の加入を考える方は、基本的な考え方を理解してから入られることをオススメします。


ゲストさん

  • 会員の方はこちら
    ログイン
  • 初めての方はこちら
    新規会員登録
ヘルプ
サイトマップ
保険お問い合わせ

Tremii(トレミー)ページ上部へ

× PR