医療保険の選び方

医療保険を選ぶ時の6つのポイント

医療保険を選ぶ時は、6つのPOINTに絞って考えてみましょう。(※保険会社によって取扱いが異なります。)

医療保険を選ぶ:POINT3入院日額の選び方

入院をした場合、病気によっては高額な医療費がかかります。
生命保険文化センターH25年度「生活保障に関する調査」による入院時の1日あたりの自己負担費用の平均は、約21,000円。
預貯金を考え合わせ、入院時にどこまで医療保険でまかなうのかを考える必要があります。

  • 直近の入院時の1日あたりの自己負担費用 疾病入院給付金日額(全生保)

公的医療保険、高額療養費制度でまかなえない(下記赤)部分を考慮するならば、入院日額10,000円は欲しいところです。

  • 入院費
  • メモ
  • 高額療養費制度とは?

長期入院などで自己負担が高額になった場合、負担が軽くなるよう「高額療養費制度」があります。
同じ世帯の者(同じ公的医療保険に加入している方)の自己負担額や複数の医療機関での自己負担額を
一ヵ月単位で合算し、それが一定額を超えた場合にも適用されます。

70歳未満の場合
区分 一ヵ月負担の上限額
上位所得者
(月収53万円以上)(注)
150,000円+(医療費-500,000円)×1%
一般 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
低所得者
(住民税非課税者)
35,400円(定額)

(注)月収53万円以上とは、給与所得者ならば「標準報酬月額が53万円以上」をいいます。
自営業者など(国民健康保険の場合)ならば「基礎控除後の総所得金額が600万円」を超えると上位所得者になります。

例:1カ月に医療費が100万円かかった場合の自己負担限度額は?(区分:一般の場合)
80,100円+(1,000,000円−267,000円)×1%=87,430円

医療保険を選ぶ:POINT4入院限度日数の選び方

  • 医療保険は入院日数に限度があり、
    その日数を選べます。
    1回の入院限度日数が、30日・45日・60日・
    120日・180日などに分かれていますが、
    限度日数が長いほど保険料は高く設定
    されています。

    現在、入院日数は減少傾向にありますが、
    特定の病気で入院をすると長期化する
    ことも考えられます。
    長期入院に対する不安が大きい方は
    限度日数120日型以上のタイプを中心に検討し、
    特に大きな不安の無い方は限度日数60日型を
    中心に考えるのが一般的です。
    (特定の病気入院のときに、入院限度日数が
    増える特約を扱う保険会社もあります。)

    入院限度日数は1回の入院限度日数の他、
    通算(保険期間内の通算)の限度日数もあり、
    これは1,000日・1,095日などのタイプがあります。
  • 平均在院日数
    入院日数の遷移
    病気別入院日数

入院限度日数の数え方 (例:1回の入院限度日数が60日型の場合)

  • その1
  • 病気で57日入院。
  • 病気で57日入院

    57日分の入院給付金を受け取れます。

  • その2
  • 病気で20日入院。退院し、10日間経過した後に、同じ病気で40日入院。
  • 病気で20日入院。10日間退院後、同じ病気で40日入院。

    20日+40日=60日分の入院給付金を受け取れます。

  • その3
  • 病気で20日入院。退院し、10日間経過した後に、同じ病気で50日入院。
  • 病気で20日入院。10日間退院後、同じ病気で50日入院。

    20日+40日=60日分の入院給付金までしか受け取れず、残り10日分は受け取れません。

  • その4
  • 病気で20日入院。退院し、180日以上経過した後に、同じ病気で50日入院。
  • 病気で20日入院。180日以上退院後、同じ病気で50日入院。

    20日+50日=70日分の入院給付金を受け取れます。
    ※前回の退院日の翌日から180日を経過した入院は、別入院として扱われます。

  • その5
  • 病気で20日入院。退院し、10日間経過した後に、違う病気で50日入院。
  • 病気で20日入院。10日間退院後、違う病気で50日入院。

    20日+50日=70日分の入院給付金を受け取れます。
    ※前回の退院日の翌日から180日を経過していませんが、違う病気なので別入院として扱われます。

  • 今すぐ医療保険を
    探してみよう!
  • 医療保険商品一覧へ

ゲストさん

  • 会員の方はこちら
    ログイン
  • 初めての方はこちら
    新規会員登録
ヘルプ
サイトマップ
保険お問い合わせ

Tremii(トレミー)ページ上部へ

× PR