医療保険の選び方

医療保険を選ぶ時の6つのポイント

医療保険を選ぶ時は、6つのPOINTに絞って考えてみましょう。(※保険会社によって取扱いが異なります。)

医療保険を選ぶ:POINT1保険期間の選び方

その医療保障がいつまで必要なのかを考えて、保険期間を検討する必要があります。

  • その1:一生涯保障が続く
    その2:設定した年齢まで保障が続く(例えば80歳まで)
    その3:設定した期間保障が続く(例えば10年)、期間が終了すると健康状態に関わらず自動更新が可能

医療保険を選ぶ:POINT2保険料支払方法の選び方

計画の立てやすい年払・半年払・月払などでまずは検討してみましょう。まとまった資金がある場合は
前納や一時払も考える価値があります。また、保険会社によってはクレジットカード払も可能です。

支払方法 メリット
一時払 総支払額は最も安い
前納 例:20年分を前もって支払う
年払 計画が立てやすく半年払よりオトク
半年払 計画が立てやすく月払よりオトク
月払 計画は立てやすいが、総支払額は最も高い

一時払以外は、何歳(何年間)まで保険料を支払うのか、決める必要があります。POINT1の保険期間別に見てみましょう。

  • その1
  • 一生涯保障が続く
  • 一生涯保障が続く場合く

    メモ
    ・保険料は払込終了まで一定で変わらないものが多いです。
    ・加入するとき、一番保険料が高いのは60歳払込。一番安いのは終身払込。
    ・定年退職までに保険料の払込を終了させたい場合は、定年の年齢に払込終了年齢を合わせます。
    ・安い保険料で加入をしたい場合は、終身払込を選択するのも良いでしょう。
     ただし、定年退職後も保険料の払込が一生涯続きます。

  • その2
  • 設定した年齢まで保障が続く(例:80歳まで)
  • 設定した年齢まで保障が続く場合

    メモ
    ・保険料は払込終了まで一定で変わらないものが多いです。
    ・加入するとき、一番保険料が高いのは60歳払込。一番安いのは80歳払込。
    ・定年退職までに保険料の払込を終了させたい場合は、定年の年齢に払込終了年齢を合わせます。
    ・安い保険料で加入をしたい場合は、80歳払込を選択するのも良いでしょう。
     ただし、定年退職後も保険料の払込が80歳まで続きます。

  • その3
  • 設定した期間保障が続く(例:10年) 期間が終了すると健康状態にかかわらず自動更新が可能
  • 設定した期間保障が続く場合

    メモ
    ・10年ごとに払込が終了して自動更新をします。
     自動更新後は、更新時の年齢で保険料を再計算するため、保険料は高くなっていきます。

  • 今すぐ医療保険を
    探してみよう!
  • 医療保険商品一覧へ

ゲストさん

  • 会員の方はこちら
    ログイン
  • 初めての方はこちら
    新規会員登録
ヘルプ
サイトマップ
保険お問い合わせ

Tremii(トレミー)ページ上部へ

× PR